読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭のおかしい親を抱えた子を救わなければならない。僕は頭のおかしい親に育てられた(?)のでそういう子らの考えていることがほんの少しではあるけれど分かる。あれは悲劇である。悲劇としか言いようがない。頭のおかしい親は救わなくともいいがその子らは救わなければならない。絶対に。

騎士団長殺しは草枕の翻案だろうかということ

死なないために書かなければならないのだとしたら。しかしながら書いているために死にたくなるのだとしたら。